Processing...
Processing...
Mon, May 10, 2021 10:01 AM

新機能のご紹介

新機能のご紹介

スマートフォン等でも利用できる3Dモデルデータの登録および閲覧ができるようになりました!
PCやMacで作成した3Dデータはもちろん、iPhone12PROや最新のiPadなどLiDARスキャナ搭載の端末で作成した3Dデータの利用も可能です。


3Dモデル登録フィールド

GLB、USDZという3Dモデルデータを登録することによって、スマートフォンで3Dモデルの閲覧が可能です。
こちらは2種類のファイルを設定した状態です。

AR対応端末であれば、右下の立方体ボタンからARモードでの閲覧が可能です。


ページ内閲覧モード

GLBファイルという3Dモデルデータを登録することによって、スマートフォンで3Dモデルの閲覧が可能です。
GLBファイルのみを設定した場合、
ARモードでの閲覧はできません。


ARモード(対応端末のみ)

USDZファイルという3Dモデルデータを登録することによって、スマートフォン(AR対応端末)で3Dモデルの閲覧が可能です。
USDZファイルのみを設定した場合、ページでの閲覧は出来ません。

右下の立方体ボタンからARモードでの閲覧が可能です。

iOSの3Dスキャンアプリ(参考)

みなさんの感想

There are no responses yet...